日本人の包茎

世の中、何にでも歴史というものがあります。
現在の自分というものがあるのも、先祖から引き継がれられた賜物なのです。
これも歴史があるからです。


この包茎というものにも歴史というものがあって当然のものだといえます。
今では、この包茎というものはとても恥ずかしいものだという認識が強いことに思えます。
もともと昔の包茎の考え方は違ったようです。
包茎の原因である包皮というものがあります。
幼いころのペニスを、ばい菌や刺激から守るという役目を果たしていたため、今のように包皮は邪魔なものという見方はしていませんでした。
大人になれば、その役目を終えて勝手に自然と剥けていくものだと考えられて、その自然と剥けないような人が包茎といわれました。
それでも今のように、昔はこの包茎というものには関心がなかったのです。
はっきりいえば、この包茎だからといって生きていけないわけではないからです。


外国では、割礼というものが昔からありました。
ちなみにこの割礼というものは、ペニスの包皮を切除することです。
幼少期の頃から外国では、この割礼を普通に習慣としています。
ただ、日本ではその割礼という習慣は全くといっていいほどありません。
この割礼の習慣がないため、日本人には仮性包茎の人が多いというようにいわれているのです。
統計からしてわかるように、日本人の6割~7割の男性が包茎だといわれています。
他の統計であれば8割を超えるのではないかというデータもあります。
この統計から見てわかるように、割礼の習慣がないが故に、日本人の包茎の男性が多いのではないでしょうか。


[管理人推奨外部リンク]
現在の日本では専門クリニックによる包茎の手術を行うようになっています ===> 包茎の手術

Copyright © 2014 包茎の歴史 All Rights Reserved.